« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月27日 (木)

やっぱり映画は恐い!

『スマイル~聖夜の奇跡~』・・・笑えない。

『茶々』・・・ランク外。。。

やっぱり前売券好調は大ウソか。。。

おかげさまで吹き替え問題の『ザ・シンプソンズ』は

1千万円も超えない壮絶コケ(←妹君が強調を強要・・・(爆))

なそうな。

それこそ所さんがポケットマネーでも出せそうな金額じゃないの。

それこそ一週間のギャラ並じゃない。(笑)(←妹君が・・・以下略)

ここはちょっと映画界の方にも考えていただきたいですよね。

やっぱりファン無視のキャスティングはどっちにとっても

いいことなしっ!!

ちょっと本業回帰というか・・・。

そして、

TV版の『ヤッターマン』

オリジナル声優復活っっ!!

これが成功していただくとね、いいんだけどね。

ただ音楽がね。

生きてるんだからさ。

いいじゃん、オリジナルでさ。

山本正之さんの「ヤッターマンの歌」が聴きたい。

(ちなみに私はエンディングは「3悪のテーマ」だろっっ!

と心の底から叫ぶっすっっ!!!(by妹))

2007年12月25日 (火)

ドス黒いものが・・・。。。

あるドラマが最終回で最低視聴率・・・。

また仲間が増えました・・・。

フッフッフッ・・・病むな私。。。

とりあえず『ガリレオ』は秋ドラマでトップだ!!

今回初めてシャープな福山様のモノマネ見たよ。

なんか高橋英樹さんの「正解は娘の真麻」って

ひたすら言うモノマネの方だったんですけど、

新種、新種と喜んでたのですが、

おおともりゅうじさん。

ただ、しつこいですが、

同じ芸能界という世界にいる人が

モノマネの対象とされた方のことを

呼び捨てにされるのって

非常に不愉快です。

司会の今田さんがちゃんと敬称つけられているのに

わからないんですかね。。。

2007年12月24日 (月)

M-1・・・。。。

個人的にはハリセンボンだったんですけど・・・。。。

しっかし・・・キングコングは出ない方が良かったかも

やっぱり時が・・・と言って優勝した人ら

なんせ『エンタの神様』あたりでやってたネタらしいし。。。

新ネタじゃないんだ・・・。。。それも引いたな。。。

まあ、ネタもそうそう作れるもんじゃないといわれれば

それまでなんですけど。。。

しっかし・・・。。。

クリスマスに

あえて「『銃声』って詩が~」って

わざわざ言うんだミスチル。。。

っていうか。

Mステの時に福山様に『群青』のこと

桜井さんが褒めてたらしくて、

あえて『銃声』の詩を封じた時に

「甘いよな、オイシイのに」なんて思ってたんだろうか。。。

まっ、実際インパクトあるカードを切ってきたわけですから

いいんですけどね。。。

活動のスタンスが違うんで。。。

アーティストとしてのあり方の違いなだけですから・・・。

2007年12月23日 (日)

ムカつく女

って『さんま&SMAP』のクリスマス番組。

どうしようもなかった・・・。。。

特に『女がムカつく女』

困った事になんか今さら『古っ!!』ってネタばっかり

なんか、ほしのさん多分痛いですよ。

あんたが女を売りにしている女に文句言うかって

しかも『メルヘン女』ってあんたのグラビアなんですか。

それにしてもつらいね。。。

打ち上げの『ガリレオ』

視聴率でガックリって『さっぱりわからない』

リリーさんがお支払いですって。

いいねぇ~。

なんかがっくり『勝ちたいんやぁ~』

プロジェクトが傷付くなぁ~。。。

しかし、感想ねぇ~。

ダウンロード1位だって『群青』

映画ねぇ~。本当リベンジですよね。

でもなぁ~、『あいうえお作文』スルーするのは

らしくないな。

魂ラジ、へ~ンな感じでこまるねぇ~。。。

『ムカついた女』でした。

2007年12月20日 (木)

09年NHK大河は妻夫木さん

また家臣ですか、主役。

「天地人」

・・・

・・・・・・あっ、あれだ。

カブトに『愛』って付けてる人だ。

直江兼続さんって。

で、脚本が小松江里子さんって・・・

正直軽っっ!!

別に妻夫木さんじゃないですよ・・・。

『笑っていいとも』に坂口さん出てますねぇ~。。。

『医龍2』に最終回で抜かれるのはイヤだなぁ~。。。

あの手はなぁ~。。。

まあ、平均はさすがに抜かれないとは思うけど・・・。。。

やっぱ番宣は必要だったかなぁ~。。。

でも、年末ライブもあるし、

っていうか柴咲さんがやっても良かったんじゃねぇ~のって

まあ、今回はW主演ではなく、やっぱり主演は福山雅治様

ですからね。

なんつっか、なんか敗因がやっぱり・・・

『レッドマーキュリー』か・・・。。。(←しつこいぞ私)

2007年12月18日 (火)

レッドマーキュリーはあかんやろ。。。

ガリレオショックが抜けない。。。

やっぱり、リアリティー大事にしてきたのに

あれで台無し。。。

あの装置は悪いけど失笑だわな。。。

別に好きですよ。

爆弾ネタはね。

普通にナトリウムで良かったんじゃないの?

19.6%って別に悪くはないんだけど

最低視聴率なのよね、普通あがるでしょう。

最終章ですよ。。。

困るよな。。。

せめて23%ぐらいは欲しかったな。

シチュエーションは好きなんですよ。

行動も湯川さん的には正解だと思うし、

薫さんとのからみも悪くないけど

やっぱり敗因は『レッドマーキュリー』。。。

いきなり科学の『都市伝説』はないよね。。。

『ガリレオ』最終章

結局木島先生は実行犯ではないんですよね。

相変わらずの湯川×薫コンビに戻りましたね。

やっぱり映画は別モノにするんですよね。

ドラマ的にはゴールデンパターンが出来ましたしね。

本当、それぞれのキャラが走り出してる。

ちょっと湯川先生薫さんに甘すぎるぞ!

城之内さんは安定してますね。

栗林さんはオイシすぎです。

草薙さん、湯川先生とのツーショットお願いします。

(↑って、もう言ってもムダじゃ・・・もごもご・・・(by妹))

薫さんがんばってますよね。

・・・でも、

あの装置は『女優殺し』ですよね。

ただちゃちい

図面がヘタ~っと倒れるところとか

メリハリが楽しい♪

湯川先生、あの解体作業大変ですよね。

それにしても「スーパーなんちゃら」は作るんかいっ。

あくまで放射能とは別モノですけどね。

・・・

・・・しかし・・・。。。

なぜだ。(←byギレン)

まさかの最終回で最低数字。。。

と言っても平均視聴率は20%超えるんですけどね。。。

2007年12月16日 (日)

等身大~???

「100%自分でなければ」

って、

・・・え~~~・・・。。。

書き下しでそんなん、

このあたりはビミョ~・・・。。。

タイアップにおけるコブクロさんのご意見ですが、

「自分たちの身の丈以上では」って・・・

う~む・・・。。。

でも作品レベルってあるし、

エンターテーメントですからね。

演者もいるし。

やっぱりテレビなり、ドラマなりの作品ありきだと

思うんですが。。。

で、

『ヤッターマン』のエンディングで

「人恋しい季節に~」って・・・。。。

これギャグマンガなんですけど。。。ミヒマルさん。。。

しかも

デビュー前の楽曲って、本当『ヤッターマン』の為じゃないよね。。。

まあ、丸投げしてる製作陣も悪いんだけど、

作品のイメージって作りたいものに対して

変なもの(自意識が強すぎる)出してきたら

ダメ出ししなきゃいけないよね。。。

演者と別方角向いてる音楽って不快ですけど。。。

つか、『ヤッターマン』のエンディングって言えば3悪トリオが

歌うべきだろうがよぉ~~!!!(by妹←をい。。。)

2007年12月15日 (土)

年賀状って素敵♪

っていう、「郵便屋さんありがとう」番組でしたね。

『美ら海からの年賀状』

もちろん時任様は明るいキャラクターということで、

さすがに『花嫁とパパ』まではいってませんが、

やっぱり女性陣は菊地さんと大後さんがよかったって

大後さんってば私の2大愛しの方と共演なんて

羨ましいぞ。

比嘉さんは、あまりたいした役じゃないような・・・。。。

女優アピールしてたわりに・・・。。。

水嶋ヒロも普通に好青年っぽいっていいますか。

そうね、都会の郵便やさんじゃそこまで届ける人と

親しくはならんな。

結局須賀くん、大後さんペアが一番オイシイ役かな?

ハッピーエンドで良かった。

副館長の山崎一さんが良かった。

時任様は俺は俺だってタイプじゃないから

いい感じですよね。

2007年12月10日 (月)

美ら海からの年賀状

時任様です。

まあ、朝ドラ後民放初出演の比嘉さんを

全面出ししてますが・・・。。。

しっかし、またテーマソング『涙そうそう』って

勘弁してよ。。。

しかも夏川りみのだって。。。

時任様ですよ。

キャラ的にはBEGINの方がいいし、

そもそも時任様自分で曲作れるしね。

だいたい、沖縄=『涙そうそう』って発想が安易すぎる。

あの枠、江口ちゃんの時は『サボテンの花』だったし

「積み木くずし」で平井賢のCMソングだったり

ちょっと手抜き過ぎ。。。

そ~いえば、CMソング福山様のコーセーエスプリークが

絢香に変わってた。。。

ショック。。。

だいたい、テーマの「大人butカワイイ」には程遠いじゃないか。

若いし、応援ソングでもないし・・・。

と言っても、

福山様は基本「たちあげ屋」ですから、

「新ブランド」とか「リニューアル」とか軌道にのせるのを

得意とされているので役目が終わると・・・

で、

また「キ○タ○」に行くんだよ。。。

もう3本目だもんね。。。

「ポカリ」「キシリッシュ」「WOWWOW」

他のCMも後に来たのはジ○ニ○ズ

ばっかりだし・・・。。。

2007年12月 9日 (日)

KOH+見参!

『FNS歌謡祭』『僕らの音楽』出演堪能しました。

早くもオリコンのデイリーランキングが3位に浮上。

TVの出演効果が出てますね♪

福山雅治様のエレキギターが可愛い。

ピンクのペイズリー柄。

何でも60年代後半にテーブルクロス会社と

タイアップして作られたものの不評で2年しか

作られなかった珍品(?)らしいです。

そして『FNS歌謡祭』は視聴率20.7%。

今週の『ガリレオ』は抜かれた。

そして『働きマン』は7.9%と1桁に転落。

これはちょっとお気の毒。

星野ジャパンで20%超えの連続記録をたたれた

『ガリレオ』の無念とダブって・・・くくっ・・・。。。

とりあえず目標(←??)は『華麗なる一族』の平均23.9%に

どこまでせまれるかってところですかね。

『花男2』の21.7%は絶対勝ちたいですね。

(↑って、関係者かっっ!(by妹より))

2007年12月 7日 (金)

実におもしろい

時代劇はやっぱり12月と言えば忠臣蔵。

で、

今、三船さんの『大忠臣蔵』

これがまたメンバーがすごい。

田村正和さんとか渡さんとか天知茂さんが

なつかしいなぁ。

三船さんといえば織田さんが『椿三十郎』の

リメイクやってますが、『恋空』に負けてる。。。

せつねいねぇ~。。。

これが「時代」っていうか。

昔、ナンシー関さんが

「いつかトヨエツをカッコイイと言ったことを後悔する日がくる」

なんていってましたけど、みごとつつがなく芸能活動を

続けられてるようで。

人の評論なんて必ずしも絶対ではなく、

映画関係者に言わせりゃ『問題外』と切り捨てられても

『恋空』も案外ケータイ小説のスタンダードで

生き残るかも・・・。

2007年12月 5日 (水)

『ガリレオ』8話

今回はクッキングマシャでしたね。

それにしても薫さんの料理は

美味しかったの?マズかったの?

「さっぱりわからない」

何か昔の『愛のエプロン』のインリン様を思い出したよ。

そしてスマスマの『ゴロレオ』”須磨る”

タイトルは上手い。

1話と4話のネタですが、いまいちツメが甘い。

というか、

まあ、福山様のモノマネは”ベタ”というか

たいしたインパクトもなく、

やっぱり香取さんの”薫さん”はキツかったですな。

ど~だろう?シリーズ化するかな?

でもセットは最後のオチ以外は多分”本物”ですよね。

それと、

本編は「湯川先生っ!・・・靴」は好きですね。

さていよいよラスト2回。

来週は「草薙刑事(北村さん)再登場」ですが

「恋から」の”1%の男”がチラつく・・・。

久米さん分はやっぱりまだ収録してないみたいですね。

視聴率19.9%。。。

0.1%が欲しい女でした。

2007年12月 3日 (月)

GPファイナル決定

日本人3人目の出場はなし。

今回優勝のコストナーとポイントで

キャロライン・ザンに決定。

キャロライン・ザンは「パールスピン」の人ですね。

まっ、キレイなものみたいし、正直「トリノの代表選考」

の時のいや~な感じを思い出してしまったNHK杯。

まさかの展開、ただ見てる方としては、もうちょっと

出場者のレベルって各大会で均等に出来ないんでしょうか??

やっぱり目が肥えてきたんですかね。

個人的には村主選手が好きなので・・・。

とはいえ、中野選手は良かったですね。

本当にサンドイッチ世代でなかなか代表に

出れなかったですし、

内容もいい感じですよね。

浅田選手はもともとのレベルが別格ですから

でも見ててシンドイ感じがしますね。

それでも勝つ精神力はスゴイです。

やっぱりここぞでいつも出場枠を稼いできた

村主選手の復活を信じています。

2007年12月 1日 (土)

2008年のD

まあこれを映画とすら認めたくもないが

といっても情報は日々TVから暴力的に

もたらされるわけで・・・。。。

あ~も~あったまくる。。。

何あれ、巨人伝?どこが『人』だよ。

『巨木』じゃん。

それも『その木何の木気になる木』で

おなじみっぽい形で暴力的にやるわけ。

しかもオリジナルって言ってるわりには

どっかで見たよ~なビジュアルの

オンパレードだし。

物語にふみこむ気はさらさらないけど

本来、安心とかやすらぎを求める「木」を

あ~いう風に扱う根性がね。。。

なんかちゃらっと回復させるんだろうけど。。。

一度壊された心の傷は、

あ~ら不思議~★

で、取り戻せやしないんだよ。。。

結局Dが存在する限り

現在は安全なはずなんだけどね。

『ベオウルフ~呪われし勇者~』はCG100%

パフォーマンスキャプチャーで全てCGだそうな。

ポッチャリの俳優も、あ~ら不思議鍛え上げられた

勇者に大変身~★

なんだろうな・・・この騙された感。。。

技術の進歩は凄まじく、2次元と3次元がひどく曖昧で

アニメの中のCGはすごく興ざめる。

それと同時に実写で俳優の表情をCGでカートゥーン的に

ふくらませたり、書き足したりするのも

個人的には好きになれない。

ただもう実かCGかは100%完璧には見分けられてない

とは思うし、ある種の恩恵は受けているんでしょうけど

表現としてはどっか線引きしてほしいかな。

例えばフィギュアスケートのペアとアイスダンスの

ようなもので、

ちょっとルールを明確にしてくれないかな。

と思う。

遺伝子問題における倫理観的なものですかね。

技術的には可能かもしれないけど

それってどうだろう?みたいな。

評価もジャンル分けより成分でわけるとか。

果汁100%みたいにCG100%とか

天然実写100%みたいにね。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ