« 2008年1月 | トップページ

2008年8月18日 (月)

カネ1つ。

カーン☆

頭の中でのど自慢のカネの音。

なんか、今頃『授業数不足問題』。。。

懐かしすぎるやろう。。。

『太陽と海の教室』での一場面。

アカンアカンとは思っていたものの、

キターーーーーっっ!!!

ってこないよ。。。

これだけみごとにはずしてもらうと、う~ん。。。

脚本チェックしているんだよね。

主演の織田さん、それOKなの??

しかも、進学校つかまえて、受験勉強の99%がムダときた。

なんかガリレオシリーズ『容疑者Xの献身』の石神先生が聞いたら

柔道技で気絶させたくなるような先生だよね。

(わからなかったら、『容疑者Xの献身』を読むか、

10月に映画見ようぜぃ♪)

この学力低下を危惧する日本において

基本この国の資源は工業技術。

ジャマイカみたく国家戦略で鍛えるべきは

理数・科学・文化!

ジャマイカの場合はスポーツ立国ですよね。

運動能力は国家の財産。

今回の北京オリンピックの陸上短距離。

原料(人材)を海外輸出するんじゃなくて、

製品(メダリスト)を自国で生産し始めた。

正直、日本の武器は頭脳労働なんだからさ。

いい加減「勉強より~」から脱却しろよな。。。

2008年8月12日 (火)

北島さん金メダル 末綱・前田ペア大金星

美しい涙ですね。

どちらも注目されるのも大変だけど

注目されないのもさびしいし見てて熱くなりました。

観戦はテレビ朝日で。

しかし、あの柔道はモヤっとボールを

箱投げしたい衝動に……。。。

まあ、世界に出ちゃうとあんなもんよ。

それをどう楽しむのかは、そこに集まる人間が

作っていくことなんで、でもやっぱり日本人には抵抗あるなぁ。。。

あれは柔道って言って欲しくないけど……。。。

金丸さん、佐藤さん。お疲れ様でした。

今回の福山雅治様の『HIGHER STAGE』は

柔道の銅メダル中村さんの笑顔の写真です。

こういう笑顔も出来るんだって嬉しくなっちゃいますね。

各局のテーマソングで『勝ちたい』って言ってるのは

福山様だけなので北島さんの映像で聴くと

またグッときましたね。

すごく歌詞が入ってきました。

月9の視聴率。10.7%。

おしい、あとちょっとで1ケタだったのに。。。

2008年8月11日 (月)

第3の男 ダーレ(誰?)オーエン

北島康介さんがんばって。

しっかし、伏兵はレーザーレーサーじゃないって

プレッシャー。

しかも、記録は伸び盛りときたもんだ。

内柴さん、金メダルおめでとうございます。

でも、30歳で『オヤジ』はないだろう。。。

やっぱり、スポーツは生中継で見ないとね。

民放は一部選手に偏向してるから、

といってもNHKの実況もなんか微妙になってきたな。。。

といいつつオリンピックはテレビ朝日です。

今回福山雅治様はカラー写真、デジカメ写真にも

挑戦されてます。

また、さらなる進化と深化。

『HIGHER STAGE』はまさしく福山様ではないかと。

やわらかい目線で、

安易に『北京の光と影』なんてやんないで

ありのままで、

感じる心で、

清も濁も

リアルは色眼鏡のないニュートラルな気持ち。

って出来そうで出来ないんだよね。

どうしても人間、情報過多になちゃうんでね。

福山様の作品を見てると自分の色眼鏡を

透明にしてくれる気がしますよね。

2008年8月 7日 (木)

ファンXの献身(?)

さてさて。

文庫本『容疑者Xの献身』も購入し

Book 容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

予習に励む今日この頃。

10月4日の映画『容疑者Xの献身』の公開に

日々、心を震わせておるのですが。

そう。

初主演まで20年の年月、これにはいろいろと……。

歴史に『if』があるとすれば。

やっぱり、映画初出演の

『ほんの5g』

この作品が無ければ、

きっと私たちは福山雅治様主演の映画にもっと早く出会え、

さらには数多くの作品が世に存在することが出来たのにと……。

かれこれ20年前の話ですから。

そもそもの企画が『10ムービーズオーディション』

ということで、アミューズの10周年記念で

10本の映画を作るんで、主演のオーディションをしますよ。

って話だったわけですが。

いつの間にか、はなまるな方と一緒のグループだった布川さんが

主演に入り込み、何故か雲行きがおかしな方向へ……。。。

本来大事に育てられるべくオーディションに合格した福山様が

ハブられる

という、大人の事情に振り回され。

クランクアップの集合写真には入ってないわ。

打ち上げには呼ばれないわで、

新人ですから厳しく指導されることがあるとは思います。

が、

むしろ、右も左もわからん人間を『放置』だったらしく

映画にはかなりトラウマがあるのではないかと。

現場での対応がおかしくなければ、この作品の共演者から

無名時代の福山様の話が全く出てこないのはおかしいですからね。

いつかこの暗黒の封印が解かれるのを見てみたい。

2008年8月 5日 (火)

月9なめんな。2

荒唐無稽かって。

結局見ませんでしたよ。○田ドラマ。

△6%のエコロジー。

私もエネルギーを無駄にしたくないので

月9は見ません。

ぜひぜひ、またまた△6%が達成出来ますように・・・・・・。

なんでもフジは『海猿3』が制作されることが決まったそうで。

まず『容疑者Xの献身』を成功していただいて。

邦画興行収入ランキングがんばって入って欲しいです。

ぜひぜひ映画化の第2弾続けてほしいです。

『ガリレオ』シリーズ。そのときは犯人役で出演・・・・・・もったいないな。

『踊る~』は周りがみごとに舞台系の方ばっかりだっんで良質に

見えていたんですけどね。

結果。

出ました☆

月9、第3話 12.7%!!!

いやぁ~

さすがに先週程ではないですが、

冷やしてますねぇ~~。

スタッフは違う意味で凍ってますよね。

2008年8月 1日 (金)

月9なめんな。

『太陽と海の教室』第2話-6%の爆下げ。

非常に失礼ですが、これはもう当然でありましょう。

私の怒り。

それはもちろん、ゲスト出演のみっちーの件。

なんとなく予告でみっちーが出ていたそうなので

一話すら見てないのにのぞいて見ましたら

7股されてる男の一人だと(怒)

まさに、福山雅治様をこよなく愛する人間としては

「なんばしよっとね!!」

と、九州弁でどつきたくなる。

たまたま前回の福山様のラジオで山本さんとか大山さんとか

みっちーとか集めたらおもしろいかもっておっしゃっていたら、

本家(織田)がやってるよ。。。

さすがに同じ画面には出てなかったけど、みっちーなんて

福山様のネタしかないに等しい人間なんだから確信犯だろ。。。

完全にケンカ売ってるじゃんフジテレビバッカじゃねぇ~の?

しかもこの話のメインの生徒の女は福山様と同じ事務所、アミューズの子で

まさに「スタッフ~ぅ」って呼びたくなる。

事務所が許可したとしても、やり方が嫌い!

モノマネ芸人に苦言を言うなら織田さん自身他の芸能人のモノマネ芸人を

安易に自分のドラマの話題作りで使うなんて、

レベル低すぎるわっっ!!!

« 2008年1月 | トップページ

最近のトラックバック

最近のコメント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ